Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
無限宇宙・十二の変化の法則 マクロビオティック入門 久司道夫著P171〜
 この宇宙はどんどん変化します。
 あらゆるものが変化します。
 その変化には、十二の原則があります。

^譴覆詭妓造榔扮鵑吠儔修垢訌衒篥、対立的な性質の「陰」と「陽」としてあらわれます。

陰陽は一なる無限である宇宙の永遠の運動のなかからたえずあらわれます。

1△榔鷽甘であり、陽は求心的です。
 陰と陽が互いに作用してエネルギーと森羅万象をつくります。

け△詫曚鬚劼つけ、陽は陰をひきつけます。

ケ△榔△鬚呂佑弔院⇒曚詫曚鬚呂佑弔韻泙后

種々異なった割合で融合した陰陽は、それぞれ異なった現象をつくりだす。
 現象のなかでのひきつけとはねのけの作用は、陰陽の力の差に比例します。

Г垢戮討慮従櫃鰐犠錣任△蝓陰陽の力の構成はいつも変化しています。
 陰は陽に、陽は陰に転じます。

╂簑佚陰、あるいは絶対的陽であるものは、何ひとつありません。
 すべてのものは、程度の差こそあれ、両性をあわせ持っています。

完全に中世のものは何一つありません。
 すべてのものは、程度の差こそあれ、両性をあわせ持っています。

大陰は小陰をひきつけ、大陽は小陽をひきつけます。

極陰は陽を生み出し、極陽は陰を生みだします。

すべてのものの中心部は陽であり、表面は陰です。

 無限というものは、静止した状態ではありません。
 時間もなく、空間もありません。

 時間・空間を乗り越えた世界です。

 無限は、動きの最大なるもの、無限スピードで動いているもの、現象がすべて消え失せてしまったものと考えてください。

 その一なる無限から渦巻きが生じ、陰陽がたえずあらわれます。

 あらゆるものは陰陽というものを持っているわけです。
 陰性のものだけ、陽性のものだけということはありません。

 完全に中性のものもありません。

 現象をしてあらわれたものはどんなものでも、陰かあるいは陽のどちらかにかたよっています。

 絶対的な陰、すなわち普遍的遠心力である陰の極限は、拡散の果てです。

 絶対的陽、すなわち普遍的求心力である陽の極限は、収縮の果てです。

 そうなると、拡散の果て無限と、収縮の果ての無限分の一は同じことであり、陰でも陽でもなくなります。

 それは現象世界の存在ではなく無限そのものとなります。
| らくらく | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
宇宙の秩序・7つの原則 マクロビオティック入門 久司道夫著P167〜
 ここで宇宙の原理についてお話しましょう。
 無限の宇宙から陰陽の出現によって森羅万象が発生します。
 それを現象世界と呼びます。

 この宇宙も現象世界の一つです。
 現象世界のなかには、形として見える世界と、振動やエネルギーのように目に見えない世界があります。

 目に見えない世界のほうがはるかに大きいのです。

 宇宙やこの世界には、どういう原理が働いているのでしょうか?
 どういう秩序なのでしょうか。

 イエスのいう「ジャスティス・オブ・キングダム」すなわち「天の王国の正義」というのは、どういうものでしょうか。

 それが、これから説明する「宇宙の秩序」と「変化の法則です。」

 これは古代から「易」「変化の法則」「動きの法則」などとして解明されてきたものですが、とくに桜沢如一先生が提唱されたものを、私が簡単にまとめてみました。

 マクロビオティックの公理ともいえるものです。

,垢戮討里發里詫0譴覆詭妓造ら分化した
 すべての現象は、唯一の限りない無限から分化して、現象としてあらわれ、またその現象が消滅して、無限に帰ります。

 無限から有限の世界へのあらわれ、有限の世界から無限の世界へ回帰することは、永久に限りなく行われます。

△垢戮討里發里亙儔修垢
 目に見えない波動であれ、目に見える物体であれ、変化しないものはありません。

 宇宙現象も天体も地球環境もたえず変化しています。

 月はめぐり、夜と昼が移り変わり、人間の命も一日として同じ状態にとどまっていません。

 変化することがすなわち命そのものなのです。

B侘するすべてのものは相補的である
 唯一のものから、何十億、何兆という、いろいろな現象が出てきますが、そのなかの、相対立しているようなものは、全部相補っています。

 全体に対して調和を実現しています。

 対立関係にあるようなものでも、じつのところ、大きい目から見ると相補関係にあるのです。

て碓譴里發里浪唇譴弔覆
 このあらわれた世界で、同じものは何一つ存在しません。

 占めている空間も、時間も違います。

 兄弟姉妹、あるいは双子にしても、まったく同じではありません。
 よく似てはいますが、まったく同じということはないのです。

 たとえば元素周期表の最初に、水素元素が出てきます。
 みなさんは水素元素はみんな同じものだと思われるかもしれません。

 ところが水素元素はどれひとつとっても、同じものではないのです。
 宇宙には千差万別のあらわれ方をします。

ド修あれば必ず裏がある
 木々の葉に表と裏があるように、この世にあるものには表と裏があります。

 物体だけでなく、私たちの体にしても、心の問題にしても、表で表現しているものと裏で表現しているものとがあります。

 これは現象界における必然の宿命ともいえるものです。

ι修大きければ裏も大きい
 表が大きければ裏も大きい。
 また、表が小さければ裏も小さい。

 お互いに相補う関係にあります。
 木々の葉の表が大きくて、裏が小さいということはありません。
 表が裏を、裏が表を補っているわけです。

 たとえば人間の場合、外にあらわれている動作は、必ずしも内面の心をあらわしているとは限りません。

 むしろ逆の場合が多くないでしょうか。

 外側が柔和な人は、それと比例して内面が強いことが多いものです。
 また社会的に派手に見える場合、内面は孤独であったり寂寥であったりします。

 同時に、非常に大きい成功は、それと比例して非常に大きな失敗を招くことがあります。

 そこに東洋的な「中道」や「中庸」の教えがあるのです。

Щ呂瓩△襪發里砲禄わりがある
 現象世界で始まったものには、必ず終わりがあります。

 継続しているように見えても、現象としてあらわれたものは、その現象自体に始めがあり、終わりがあります。

 『歴史の研究』を書いたトインビーは、文明の数を二一としていますが、私はギリシャ時代やエジプト時代から数えると、二四,五の文明が興ったり、滅びたりしてきたと考えています。

 これらはすべて始まりがあり、終わりがあります。

 現代の文明も、必ず終わりがあります。

 人間関係にしても、始めがあれば、必ず終わりがあります。

 男女のあいだの永遠を誓ったような愛でも、必ず終わりがあります。

 離婚や死に別れなど、いろいろなことが起こります。
 
 始まったものは必ず終わるわけです。



 この七つの法則は、あらゆるものに普遍的にあてはまります。
 物理学の原理であっても、動植物の生命、大気の動き方、土や水や鉱物の変化といったものにも適応できます。

 星座の動きにしても、また目で見える世界のほかに、真理の世界、霊的な世界(想としてあらわれる波動の世界)があります。

 このようなすべての現象を、これらの法則は支配しています。







| らくらく | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

楽明の10日間入門&基本食

マクロビオティック料理 玄米食養家庭料理800種 桜沢里真著

オーサワの5キロ 国内産有機栽培 コシヒカリ

オーサワジャパン ゴマ塩(黒)

昔なつかしい味 海の精・上州梅干

昔懐かしい素朴な味
一本漬けたくあん

オーサワの熟成たくあん(酸味)

オーサワジャパン特選てっかみそ

オーサワの3年仕込み醤油

楽明入門の10日間は上の写真と、日に2・3杯のお茶のみ。
その後は朝昼は上と同じで、夕食時の副食にゴボウとニンジンの炒め物や時々の野菜の塩茹で物を食べてます。

毎日の基本は以上のパターン。 実践一ヶ月で178センチ、65キロ台(3キロ減)、体脂肪11〜12%(5%減)になりました。

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode