Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
幸福への近道ー初心者のためにー 桜沢里真著マクロビオティック玄米食養家庭料理800種より
食養によって無限の自由、絶対の正義、永遠の幸福を身につけんとする人は、石塚左玄先生の著述、桜沢如一著「新食養療法」を研究することがよいでしょう。

その実行法ーまずよくかむこと
(1)
一、第7号食を十日間厳守する。
  飲み物を最小限にとどもること、他の食品一切とらず一口かならず八十回から百回かむこと。
  2百回でも三百回でみお多いほどよろし、これは食養で一番大切なことです。(小用一日三回以下のこと)
  かまないで大食すると病気は治らず、かえって害あり。

二、同時に「新食養療法」「永遠の少年、上・下」「無双原理・易」「宇宙の秩序」等を読破する。(日本CI刊行)

三、便秘は二十日間でも心配せぬこと。

四、七号食十日以後は第六号、第五号を試みること。

五、二、三年間は第三号食以下を試みないこと。

六、四、五年目からは第2号食、第一号食と順次時々下降して冒険するも可(月一回か二回位)。

七、七年目以後は0号以下に時々(年一、二回位)下降しても可。

八、マイナス二号食を時々試みて健康に異状を覚えない老練、練達の人も第七号食行を平生の構えとすること。
  「兵法の身は常の身」なり。

九、第七ー第三までを東洋式、第二ーマイナス第二までを西洋式と言う。
  第二以下の動物性を、植物性にするとベジタリヤンとなる。

(2)
一、穀物は五穀、雑穀一切を言う。

二、植物はなるべく野菜、山菜、河菜、海菜。

三、動物性はなるべく海魚、川魚、野鳥。

四、果物はなるべく国産、その季節のもの。
  サラダには酢(化学製サクサン)を用いない(柚、レモン等自然のものよし)化学薬品を用いないもの。

五、砂糖は取らず、一切人工甘味料はとらず。
  (但し塩のみにて、砂糖の如き甘味を出す秘訣あり)

六、調理は全て、食養料理法。

七、調味料は塩、ゴマ油、ゴマバター、古式ミソと醤油、コブ(時にはニボシ、カツオ節等)を用う。

八、テッカ、ゴマ無双、エゴマ無双、塩コブ、のりつくだ煮、タマリ、モロミ、三年たくあん、ヒジキ油炒、油みそなどは全て七以外の食段階に用いてよし。

九、オヤツ(デセール)はジュランス風、手製っきもち、五色しるこ、アラレ等、いろいろ純正品よし。

十、のみもの(桜沢流コクモツコーヒー、玄米ミルク、コッコー、無双湯T・M・U、ヨモギ茶、麦茶、本葛湯、三年番茶)等数十種あり。

十一、注意、のみもの水分一切を最小限にとどめること、ミソ汁の実には、ワカメ、ネギ、玉ネギ、人参、ゴボー、大根、カブ、小松菜等よし、
   汁の実は二種類以上、水の二〇%位にとどめること。
   初めて食養を試みる人はなるべく一ヶ月位は、指導者の指導のもとに実行するほうが安全です。

決して自分一人で勝手に実行しないこと、実行を始めたら真剣に終わりまで続けることが大切です。
途中からくじける様な人は始めない方がよろしい。
健康、自由、永遠なる幸福を身につけるには命がけの真剣さあるのみ!
幸福も自由も人から与えられたものは身につかず逃げます。
自分自身できずき上げた幸福は絶対に逃げることはないのです。
何ごともかぎりなき全てのものの尊さ、祖先、指導者の恩を深く心にいだき感謝の念を忘れぬこと。
天地自然の恩、有難さ。
光、水、空気は美しい植物を作り、その植物によって生かされる我々人間は常にこれを大切にし、その恩を忘れぬことが幸福への道であります。



| らくらく | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

楽明の10日間入門&基本食

マクロビオティック料理 玄米食養家庭料理800種 桜沢里真著

オーサワの5キロ 国内産有機栽培 コシヒカリ

オーサワジャパン ゴマ塩(黒)

昔なつかしい味 海の精・上州梅干

昔懐かしい素朴な味
一本漬けたくあん

オーサワの熟成たくあん(酸味)

オーサワジャパン特選てっかみそ

オーサワの3年仕込み醤油

楽明入門の10日間は上の写真と、日に2・3杯のお茶のみ。
その後は朝昼は上と同じで、夕食時の副食にゴボウとニンジンの炒め物や時々の野菜の塩茹で物を食べてます。

毎日の基本は以上のパターン。 実践一ヶ月で178センチ、65キロ台(3キロ減)、体脂肪11〜12%(5%減)になりました。

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode